【オーストラリア生活】オーストラリアでクリスマスの過ごし方

12月!12月といえば、クリスマス!
オーストラリアは南半球に位置しているため、クリスマスは夏の季節
10年以上オーストラリアにいますが、
真夏のクリスマスってやっぱり慣れない。

クリスマスホリデーといって仕事も25日あるいはその前から、
1月1日まで休みになるところが多いです。
日本で育った私には、1月2日から仕事へ行く感覚が不思議でしょうがないです。

オーストラリアでは12月25日は祝日になってます。
ほとんどのお店がお休みになるので、
街はとっても静か。
お店も25日はほとんど閉まるので、
買い忘れがないように、24日に買い物を済ませましょう!

そして26日もBoxing dayといって祝日。
(スポーツのボクシングじゃなく、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから”Boxing Day”と呼ばれるそうです)
1日限りのボクシングデーセールの日になるのですが、
大手デパートでは朝早くから並んでいる人もいます。
我が家は最近はオンラインでも買うことができるようになったのであまり行かないようになりました。

この時期になるとショッピングセンターではサンタ🎅がやってきて、
一緒にサンタと写真を撮ろう!というイベントが行われています(もちろん有料)
無料で行っている場所もありますが、有料の場合はプロの人に撮ってもらい、
サイズ、枚数などで値段が変わるという仕組み。
毎年どこに行っても週末は長蛇の列。サンタ人気すごいです。

クリスマスの日ではありませんが、
12月になると各地でクリスマスイベントが行われます。

クリスマスキャロルイベントといって、クリスマスの歌を地元学生たち、
地域の人たちが披露したり、ダンスパフォーマンスなどを数時間にわたり披露し、
見学者はピクニックマットを引いて、
飲んだり食べたりまったり過ごすイベントです。

フードトラックや、移動式遊園地があったりと規模が大きいところでは
とても楽しめる感じです。サンタ登場もあったり、最後には花火があったり、
小さい子供から大人まで楽しめるイベントになってます。

クリスマスデコレーションだってすごい。
大手デパートのマイヤーの建物のウィンドーに毎年違うクリスマスのストーリーをテーマにしたデコレーションが飾られるのですが、
見る人達の長蛇の列ができます。朝1番で行くのがオススメです。
家庭でもデコレーションの規模が違います。
メルボルンではIvanhoe East が有名で
Boulevard Lightsといって、
住人の方たちがそれぞれ各家庭でデコレーションしているのですが、
メルボルンでNo.1の規模だそうです。ストリートほぼ全体の家庭でデコレーションがされていて、とってもきれいです。
もちろんびっくりするくらい混みします。

そしてオーストラリアといえば、BBQ!(笑)
どれだけBBQ好きなんだろって思うんですが、、
お肉はもちろんですが、最近はシーフードも人気のようで、
クリスマスにBBQする家庭も多いです。
クリスマスにBBQ!オーストラリアならではです。

そしてクリスマスプレゼント
日本と違って、とにかく数を多く!みたいな感じがあるので、
クリスマスツリーの下にこれでもか!!という感じで置きます。
子供がいる家庭では結構苦労するんです😟
メインプレゼントの他に小さいプレゼントを用意してという感じ。
驚くことにオーストラリアでは子供一人につき$100~$200が平均みたいで
多いと$300~500とかいう家庭も。
失神するわ。😫
我が家は毎年$130~$150くらいだと思います。

いかがでしたか?
一大イベントのクリスマス。
オーストラリアでは日本ではなかなかできないことが沢山です。
一度は夏のクリスマスすごしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする