【オーストラリア生活】 ICUへ入る。入院。

あれから大変な事が起きて、私が、ICUに行くという事が起こってしまいました。
下の子の咳が始まった数日後、私も咳がでるようになって、
どんどん悪化して、2日くらいベッドから出られない状況があり、
さらに、
咳で息苦しくて、
さすがにこれはGPに行かないといけないと思い、
GPへ行ったらそのまま大きい病院のEmergency→ICUへ行くという。
2日間ICUどれだけ悪かったのか。
コロナウイルスの可能性は低いものの、検査の結果が出るまで
ドクター、ナースは例の黄色いスーツを身にまとって対応。

Emergencyでの対応後、ICUだったのですが、
ICUって鏡張りというかで、丸見え。
見られている感すごいの。落ち着かないのなんのって(笑)
ICUの時はもう大丈夫と思ったのですが、さすがにEmergency時は、
私、本気で死ぬのかもと思った。意識朦朧な感じだったし、
その中で対応しなきゃいけないし、どっと疲れが。
ICUに入ってからは落ち着いたかな。
でも、咳止まらない、
2時間毎に血圧測定のが動いて目が覚めるし、点滴の機械音、
呼吸の関係で、ピーピーと音が鳴るし。
疲れがどっと溜まってました。
そしてタミフルの幻覚がすごいのなんの。
初めてタミフルを飲んだんだけど、あれ、恐ろしいわ。

コロナウイルスの検査結果はICUに居るときに知らせがきました。
3
月上旬から私、本気で家から出てなくて(買い物含め)
コロナじゃないと自分でも思っていたけど、もしかして?まさか?どうやって?
の疑問がグルグルめぐっていて、コロナ陰性でしたって言われたとき、
本当にホッとしたの覚えてます。

面会が1人までと限られていたのですが、誰とも面会できず。
16歳以下の子供は面会禁止になっていた病院。
まだ咳しているという下の子が心配なのと、
子供に会えない事が本当に辛かった。
そして、コロナウイルスの世界に染まってしまったこの状況、
志村けんさんの死。
お笑い界のスーパーヒーローがこの世からいなくなったというショック。
メンタルずったずったにやられました。
メンタル面に関してはまだ落ち着いていないので、
さらにストレス貯めないよう、注意して生活してます。

結局、私はマイコプラズマ肺炎でした。
医者曰く、咳は12週間程続くそう。
退院して数日経ってますが、完治とは程遠いです。
でも、家に居れる幸せ、家族がいる幸せ、

生きている幸せを味わってます。

それにしても、危機感の薄い日本にびっくり。
大丈夫なのか、本気で心配になる。
日本の政府の対応にも疑問を感じる。
本当、命を守るため、もっと大事な事があると思うんだけど。

色々規制はされているけれど、
家族が当たり前のようにいる普通の生活。
これが何より大事って思った出来事でした。

病院の方々には本当に感謝。「ありがとう」じゃ足りないくらい。
落ち着いたらお礼にでも行こうと思っているところです。

皆さんもお体には本当に気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする