オーストラリア 母の日はどうすごす?

あっという間に5月ですね。
5月というと、母の日!
皆さん2018年は5月13日が母の日ですよ。
カレンダーに二重、三重まるでもしておいてくださいね!!

私も母の身なので、毎年色々楽しみではあります。

オーストラリアは母の日どうすごす?

日本と同じで母の日はご飯を一緒に食べに行ったり、ご飯を作ってあげたり、
母の日にゆっくり母を休ませよう!というのがこちらでもあります。
レストラン、カフェなどはすごい混むので、早めの予約などが必要になる場合があるので要注意です!

子供がいる家庭では

学校、幼稚園、保育園等で、似顔絵だったり、手作りカードを作る
というのが母の日前に行われ、それを母の日にもらったり。

学校によっては、母の日breakfast!というイベントも。私はパンケーキでした。
平日に、子供の学校で、母親と一緒に学校で朝食を一緒に食べようというもの。
もちろん、朝食の値段は支払わなければいけないです。(もちろん子供の分も!!)
すべて学校のチャリティーの一環ですからね。

でも、学校で子供とパンケーキを食べ、フルーツ、コーヒー、紅茶もあり、
(すごい甘いのにさらにジャムのせ、生クリームのせで、最後の方気持ち悪くなるっていう)
お母さんに一言メッセージを書こう!なんていうのもあって、
楽しいイベントです。

それともう一つはMother’s Day Stallといって、母の日プレゼントを買うイベントを学校でしているところも多々あります。
事前に学校に各家庭から寄付されたものを学校で出店みたいにして売る。
子供にお金(だいたい$5くらい)持たせて、
子供達がお母さんの為にプレゼントを買うというイベントです。
キャンドル、アクセサリー等、母の日にぴったりなものが売られているんですよ。

母の日の花はカーネーションじゃない!

日本では母の日=カーネーションの花って感じですよね。
ここオーストラリアは母の日の花=菊なんです。
初めてもらった時は、そりゃ、
ガーーーーーーンってなりましたよ!(笑)

日本では供えの献花ですし、贈り物でもらうってことはないので、
戸惑うというか...(笑)
もちろん、そんなことは知らない夫。。
夫は事実を知って大爆笑でしたけどね。

どうして菊なのかというと、
オーストラリアは5月は秋の季節で、菊は秋の花でもあるんですね。
そして、菊の英語名は、Chrysanthemum といって、

最後の3文字がmumとなっていますよね。短縮形でMumって呼ばれる菊の花。
そして、オーストラリアでは、お母さんの事をmumとかmummyが一般的に使われるので、お母さんの意味のmumと菊の短縮形Mumが同じって事で、
母の日に人気の花になっているようです。
もちろん、他の花でもいいんですよ♪

最後に!

海外にお住まいで、自分は母じゃないし!っていう方、日本にいるお母さんに
カード、手紙なんでもいいです、感謝の気持ち伝えましょう!
5月に入ってしまったので、明日、明後日とかに急いで郵便出しましょう!!
急げ!

ホストファミリーでお世話になっている方は、ぜひ、ホストファミリーのママに
母の日プレゼントでもしましょう!喜ばれること間違いなしですよ!
そして、義母も忘れてはいけませんよ。義母さんが近くにいる方、ご苦労様です。
(幸い?義母は遠い国にいるので母の日は私独占(笑))
そして、お母さんの皆さん、当日楽しみましょうね♪
素敵な母の日にしましょう~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする