オーストラリアでチップって必要?

オーストラリアで、皆さんチップって残してますか?
日本だとなかなかなじみのないチップ制度。
ここオーストラリアでは必要なのか?ご紹介しますね。

オーストラリアはチップが必要?!

結論からいうと、チップは必要ないでしょう。

アメリカ文化ではないですし、チップを必ず渡さなきゃいけない!っていうプレッシャーも
全くないですし、相手も、チップがなくても嫌な顔は絶対にされないです。

以前の記事にもありましたが、
オーストラリアは物価が高く、その分給料も高いのです。
なので、チップをあてに暮らしているっていう人ってあまりいないのだと思います。
そりゃ、もらえたら、うれしいですけどね(笑)
私も、チップもらって、喜んでましたから!
チップが必要ないといいましたが、
いいサービスをうけたら、チップを!っていう感覚は
現地の人もあるようす。

ではチップを払うときは?

レストランなどで、食事をしたときに、とてもいいサービスだなと思ったら、
だいたい合計の10%を目安にチップを残すようにしてます。
とってもフレンドリーに対応してくれたら、やっぱりうれしいですよね!
お会計時にお金を挟んで会計してもらう際に、多めにお金を渡したり、
会計する場所に、チップ入れがあるので、
そこへ入れたり、テーブルに残したりするのがいいですよ!
もちろん、サービスが悪かったら、払うことなんてありませんからね!

タクシーでも、おつりを取っといてください!っておつりをチップにしたりって
いうのは結構あるかもしれないですね。Uberが増えたなか、タクシーを利用するのも
なくなりましたけどね。(Uberはアプリに登録したクレジット払い)

ホテルなんかも、荷物を運んでもらったからって渡すっていう感覚はないです。
でも、例えば、すごい重い荷物を運んでもらったっていう場合は、チップがあったら、
いいと思います。$2~4程度で大丈夫ですよ。
ホテルの部屋を片付けてくれる方に枕元にチップっていうのも、オーストラリアでは
必要ないです。
すごい長期で泊まっているというときは、渡すのもいいかもしれないですね。
あとは、ルームサービスで、何かオーダーした際に、チップを渡すっていうのもいいと思います。この際も$2~4程度で大丈夫でしょう。

まとめ

いかがでしたか?
基本は、チップは必要のないオーストラリアですが、
時と場合によって、チップを渡すっていうのがあるようです。
要は、感謝の気持ちですよね!
気持ちのいいサービスを受けたら、ありがとう!っていう気持ちのチップです。
そう思うと、日本って素晴らしいサービスが多いのに、
チップがないって驚きですね。
サービス精神があまりないオーストラリアなので(笑)
いいサービスを受けたら、チップ多めにしてます(*^_^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする