オーストラリアで 食費の節約方法  ~実際に行っている節約方法~

大好き節約のお話です!
前にオーストラリアは物価が高いと書きましたが、
記事はこちら
そんな中での食費の節約方法です。

皆さん、食費って月にどれくらいしますか?
物価が高いここオーストラリアで、

4人家族、 2018年3月の食費・・・・$457.45でした。 (予算は$530)
(日用品は含まれてません。)
私的に予算内で収まったので頑張ったーって思った3月でした。
(コストコ買い物、アジア食材店での購入も含む)

日本で1か月で2万円生活~!とかよくあるじゃないですか・・
オーストラリアで4人家族では無理だなーってつくづく思います(笑)

では、早速実際に行っている節約術のご紹介です。

ずぼらママの食費節約術!!

献立を作る!私は1か月献立を作ります)
献立を作って、それに従って買うものリストを作り、買い物へ。
無駄なもの買わないから大変いい。
もしお肉が特売!ってなったらメニュー変更とかも全然あります。
でも、献立を作ることで、冷蔵庫にあるもの、パントリーにあるものを
うまく使いこなしている気がします。

広告を欠かさずチェック
大手スーパーの広告がだいたい月曜日の夕方からみれるようになります。
半額品とか結構あるので、そういうのを欠かさずチェック!

できるなら一人で買い物する
子供がいると、ママーこれ買ってー!がありますし(笑)
旦那がいると、自分の嗜好品を入れていくし(笑)
可能であれば、一人で買い物オススメします。
たまには家族と一緒もいいけどね♪

まとめ買いもする
安かったらまとめ買いもする。
2For$3とか(2つで$3ドル)半額っていうのは、使うのであればまとめ買いもします。この前はいつも食べるシリアルが通常$7なんですが、それが$3!
まとめて4つは買いました。まとめ買いですごい節約になりますよね!
(ただ、予算以内でまとめ買いをすること)

値引き品を利用する
値引き品恥ずかしいとか思ってませんか?
全然恥ずかしくなんてないです!今食べなくても、使うものであれば、値引き品買います。
そして、小分けしたりで冷凍庫行きです!
かごの半分値引きとかよくあります(笑)値引き品でどれだけ節約できるのか。。
SNSとかで、半額品のお披露目している人達も沢山いて、私のやる気になる!

ALDIを利用する
よくALDIの広告にあるんですよね。大手スーパーで買うとこれで全部で$80しますが、
ALDIの商品だと$50になります!とか載っているんです。
独自ブランドなので、大手スーパーよりも安い。
ALDIの品で、大手ブランドの商品より優れているの沢山ありますし、賞とっているのも沢山あります。
食品にかかわらず、今は目玉商品があると、長蛇の列ができるくらい人気のALDI。
ALDI大好きです♪

独自ブランドを利用する
大手スーパーにも独自ブランドがあるんです。
それを利用します。
例えば、冷凍グリーンピース。
大手ブランドのグリーンピースは500gで$3.69
でもスーパー独自のブランドは500gで$1.7
圧倒的に違いますよね。

安いお店で買う
安いお店があるのなら、そちらで買いましょう。
野菜が安いお店、お肉が安いお店色々あるとおもいます。
行くのが面倒だから全部ここで済ませようではなくて、
遠くなかったら、安いお店で買い物しましょう。

シーズン物を食べる。
基本かと思いますが、野菜、フルーツ、
季節によって安いものありますよね。
夏はスイカ!って感じです。
冬にスイカ買うより、断然夏のスイカの方が安いです。
シーズン物の食べ物を購入で節約です!

日本食材、切り替えるものは現地品と切り替える。
海外にいても、日本食は食べたいものです。
でも、材料ってすっごい、すっごい高いんです。
お米で例えると、
アジア食材店なんかで日本産のお米が売っているんですが、
5KGとかで$30とか。
でも、スーパーで売っている日本米に一番近いであろうmedium grainのお米
5KGで安い時は$6くらい。
スーパーで売っている代用できるものはどんどん代用していきましょう!

手作りしちゃう!
手作りできるものは、手作りしていきましょう!
和菓子とかもアジア食材店でもちろん売ってます。
でも、作れる和菓子だってあるんです。
タレ系は手作り多しです。めんつゆ、冷やし中華タレ、味ぽんなどなど、
お菓子もケーキ、クッキー簡単に手作りできます。
子供と一緒に作るのも楽しいですし、子供も喜びます。

どうですか?

ずぼらママ的食費の節約術。
個人的な目標は食費を月$300台にすることです。
毎日食パンを食べる暮らしならできると思いますが(笑)そうはいきませんからね。
子供もいるので栄養もしっかり考えないといけません。
一緒に節約生活頑張りましょう~!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする